ロボットが空から

ロボットが空から  

 
ロボットが空から落ちてくる
そんな映画を撮影しましょうわたしたち三人で
ジャングルジムのてっぺんからわたしを見下ろして柔らかにそう言うのは
ハルの声
そうね
はじまりはどこか遠くの星
終わりかけている惑星
そこで捨てられてしまったかわいそうなロボットが
落ちてくるのこの街のこの公園に
落ちてくる過程で
重力にほどかれてしまったロボットのからだは
分解されてばらばらになって
部品そのひとつひとつが
舞い降りてくるの綿毛みたいにゆっくりと
ゆっくり
落ちてきたからだは
空色や
雲の色をした遊具にあたって
そのあたった音が音楽を奏でて
それに合わせてわたしたちは踊る
そんな映画を撮りましょう
ハルはそう言って長い髪をふりほどいて
ハルのよこに座っているカゼがハルの透けるような髪をとかしている
わたしはそれを見て
なんてきれいな二人なんだろうと
なんて完成されているのだろうと
王女と王子みたいでわたしは王座を見上げるかのように
ブランコの上で
ただ頷く
彼女たちはカメラを通す前から完成しているから
わたしは何もしゃべらないほうがよいのだと
いつも思う
わたしが口に出すことは二人には
この街には
場違いな言葉ばかり
彼女たちにもそれがわかっている
話をするだけで話をききはしない
きれいに心地よくひびかせたらそのまま二人でどこかに吹いていってしまう

誰もいなくなった公園でわたしはひとり
ブランコをこぐ
きしむ
金具
わたしの出す音は汚い
ぎいこうぎいこう
くりかえし
くりかえす
今日もわたしは何も言えないまま
なんて
きれいな二人なんだろうと
なんて完成された二人なんだろうと
見上げていた
でも
つくりものでしかないじゃない
ハルもカゼもその言葉もこの街も
表面を
やさしくなでているだけだから
重さなんか持たずに
すぐ忘れる
同じ
言葉を同じ毎日を同じ芝居をくりかえして
ばかり
そうくりかえしてばかりじゃない愛しかもたないわたしたちは
つくりもの
だらけのパステルカラーに埋めつくされてしまったこの街で
この街は
雨のふることがないから人々は屋根をつくることもせずに
無防備に
心地よさに麻痺してしまって痛みを感じないまま
えんえんと
トランプを切り続けているかのように薄い日々を水増しし
そしていつか
使い終わってどこかになくしてしまった消しゴムみたいに
知られることのないまま
死んで消えてしまうだけの命を
祝福するように
すりへらして

ブランコをこぎながらわたしは地面を
蹴る
浮いて
上を
向いて思い切り身をそらし
このまま何もかもが逆さまになってしまえばいいのにと
空を見る
ぎいこうぎいこう
雲を見下ろして
ぎいこうぎいこう
見下ろしていると点
点?
黒い点
黒い小さな点が
点が
一つ
じゃない三つ、四つ、六つ、八つ、十、二十、
ちがう、もっと、五十、六十、いや、一〇〇、二〇〇、三〇〇
足りない、五〇〇、六〇〇、まだ、そう、一〇〇〇、莫大な、無数の、

点が
わたしたちの星に
わたしたちのこの街に
わたしの
この公園にやってきて
ロボットが
空からロボット
空からロボットが落ちてくる
落ちてくる
それは
無数のボルト
無数のナット
無数の
ネジ
無数の金属の破片それは突然と激しくふりそそぐ
ふりそそぐ
それは落ち
叩き
散らばり
叩きつける訴えかけるように
殴りつけて地面を
えぐりすべり台を
割り
シーソーを折り曲げ
板を打ち
破って
崩壊させる
ジャングルジムを
まだ
止まない点

点が
新たな点が次々とこの街に出現しては墜落し
生まれてくるかのように
死に続ける
ロボットが
ロボットが空から
ロボットが空から落ちてくる
ロボット
それはかつてロボットであったものたちの亡骸それは
かつてロボットであったはずの欠片たちが落ちながらかたちづくる集合体
集合体が鳴らす
その音は
その音は音楽なんかじゃ決してない、そう、叫びだ
叫び
それはロボットの叫びである嘆きである怒りである
それはわたしの叫びである嘆きである怒りである
雨のようにふる点
雨のようにふるロボットそれを
わたしは懐かしいと思う
その感覚を懐かしいと思う
待ち望んでいた柔らかなこの街を打ち破る存在を
強くもっと強く
叩け
わたしに冷たく硬く重く
わたしは硬く雨を落とす
かつてロボットであったはずのきみ
かつてロボットであったかもしれないわたしのからだを
打ち破って
そう
わたしの顔を思い切り内から破裂させろ雨
食い破るきみの顔をわたしの顔を確実に
染み込ませてわたしがここに立っていることを
証明して
消えることなくわたしは笑い
消えることなくわたしは息絶え
確実に血を残すからそれを
着実にひろいあげて吸い込んで
雨が
新たな雨を呼んで
水色ではなく錆色に染まりきった雨をここに
落ちるまでに吸い込んできた血の匂いをたぎらせて雨が
眠りきったこの街に
現実を投下する

ロボットが空から落ちてくる
それは
映画のスクリーンの中だけで起こること
けれどそれは
わたしの中で起こることかもしれず
いつかあなたの中でも起こりうること
今日も
人々は中に入っては出
目覚めては眠ることを相変わらずくりかえす
そしてまた夢からさめて
まださめてはいなかったのだと
眠りにもどり
でも夜はじっと身を潜めてあなたのすぐ近くに
生きている
王女と王子には聞こえないようにひそかに
どこか遠くの星で
捨てられたものたちが宇宙を落下しだし
この街のどこか忘れられたはずの裏路地で
誰かの影が
そっとはじまりをつげる

ロボットが
空から

 

 

 

(2017年11月24日読売新聞夕刊「にほんご」コーナーに掲載したものを再編集した)

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です