児童文学おもろー① 愛と愛の欠如をめぐる物語–J・K・ローリング「ハリー・ポッター」シリーズ

 

愛と愛の欠如をめぐる物語——J・K・ローリング「ハリー・ポッター」シリーズ

 

深沢レナ

 

 

「ハリー・ポッター」という名前を聞いたことのない人はおそらくほとんどいないであろうが、実際、ハリー・ポッターシリーズの原作「賢者の石」から「死の秘宝」までの全7巻を読破したという人は、実はそう多くないのではないだろうか?

わたしの周りでよく聞くのは、①好きだったけど途中でやめた(特に5巻あたりから急激に話がヘビーになっていくからついていけなかった)、②好きではないけどとりあえず読んではいたものの上下分冊になりはじめた4巻からしんどくなってやめた、③映画でみたから結末は知ってるけど小説はぜんぜん読んでない、④有名すぎてなんかもはや読む気になれない、などなど、だ。

かくいうわたしも小学生時代にやってきたハリー・ポッターブームの波にノリノリで乗りながらも、いつのまにか読まなくなって棚の上の方におしやり、埃をかぶっていたそれを「これ邪魔だから捨てていい?」と親に言われるままBookoffに売られてしまった子供の一人だったのだが、「あー将来すっごい暇ができたらハリー・ポッター大人買い&大人読みとかしてみたいなー」なんていうささやかな夢を抱いていたところ、先日やっと叶える機会が訪れて、いざ、全巻一気読みしてみたら、これが予想をはるか超えて、めちゃめちゃ面白い。と、いうことを、結構いろんな人に話してみたのだけれど「今更ハリー・ポッター? ははは」と鼻で笑われてばかりなので、なんとかその魅力を伝えてみようと思う。

今回読んでみてわかったのだが、4巻・5巻から読むのをやめる人が多いというのはおそらくあたりまえのことで、1巻から3巻までと4巻以降はまるで別作品といってもいいほどタッチが違う。闇の帝王ヴォルデモートに両親を殺された少年ハリー・ポッターが仲間とともに敵に立ち向かう! という勧善懲悪な物語の大筋は最初から最後まで一貫しているものの、3巻までは、現実のこちら側の世界では叔父叔母夫婦に虐待されている男の子ハリーが、魔法学校にいって大活躍するけれど、夏休みになると結局またさえない現実に戻って来る、という一種の異界探訪譚として構成されていた。ところが4巻ではそれまで大体ハリーに付き従っていた語りの視点が、まったくの別の場所にいるまったく見知らぬ人物に置かれて幕を開ける。未知の他者から始められるこの巻の冒頭は、その後の物語の方向性を示唆的に表している。ハリーという主人公中心に成り立っていた堅固で守られた世界が崩れ始めていくのだ。ハリーは親友のロンとの間に微妙な距離感が生まれてすれ違い、友人ハーマイオニーは「屋敷しもべ妖精」たちの待遇改善運動を独自に始める。登場人物もこのあたりから一気に増え、海外にある魔法学校の生徒たちが対抗試合にやってきたり、魔法省とよばれる政府の人々やジャーナリストといったホグワーツ魔法学校の外側の人々が登場し、ついでにハリーが恋にめばえたりして、物語は急に社会化されていく。

そしてなにより3巻までの「まあなんだかんだいってハリーたちには魔法界最強のダンブルドア校長がついてるから大丈夫でしょ」という根拠のない安心感が、4巻の最後でセドリックという好青年の無意味で残酷なだけの死によってがらがらと崩れ落ち、ハリーたちと同時に読んでいるわたしたちも不安に陥れられていく。絶対に自分を守ってくれる誰よりも強い存在であったダンブルドア校長が老いて弱っていくのを見て外的な守りが弱くなっていくのと同時に、ハリーはまた内的にも確固たる基盤が揺らいでいくのを感じる。また、正義の人間だと思っていた亡き父親ジェームズが、弱い者を暇つぶしにいじめるような傲慢で鼻持ちならない奴だったことを知って動揺する。外的にも内的にも「父なるもの」を失ったハリーは、父の生き方そのものをなぞるのではなくて、自分独自の道を打ち立てることを余儀なくされるのだ。5巻以降は名付け親のシリウスをはじめハリーは愛すべき人物を次々に失っていくわけだが、読んでいるわたしたちもハリーと同じようにその喪失の痛みを抱えなくてはならない。しかし成長するとはそういうことなのだ。

はっきりいってしまえば、ハリー・ポッターシリーズは単に魔法ファンタジーを扱っただけの児童文学ではなく、独裁者の盛衰について書かれた戦争文学であり、さまざまな愛のかたちとそこから生まれる差異を描いた恋愛文学であり、究極的には現実のパロディ文学である。『指輪物語』のJ・R・R・トールキンや『ゲド戦記』のアーシュラ・ル・グウィンが、知識を体系的に構築することで「中つ国」や「アースシー」という独自の世界を現実の外部に確立していったのとは対照的に、ハリー・ポッターシリーズの作者J・K・ローリングは、あくまで魔法界を人間界(マグル界)のパロディとして描いており魔法界にあるものはほとんどすべて人間界のものと交換可能なものになっている(なにしろ魔法界への入り口はキングズ・クロス駅の9と4分の3番線なのだ)。ローリングにとって重要なのは魔法界といった舞台を綿密に作り上げることではなく、そこに生きる人々の姿を描くことなのだろう(死人やゴーストもいるが)。おそらく自身の教師経験を生かして描かれた魔法学校の生徒や教師や、そこの住人たちは生き生きとしてそれぞれ「ちびまる子」ばりのキャラクター性を有しているし、毒舌記事ばかり書く記者、生徒をいじめる管理人なんていう嫌な人物にも「こーいうやついるよなー」とニヤニヤさせられる。多くの読者が「魔法省」だとか「日刊予言者新聞」だとか「クィディッチ・ワールドカップ」なんていう単語にクスッとさせせられたものだろう。しかしローリングの用いるパロディは決して表面的なものだけに収まることなく、わたしたちのなかに潜む深い闇をじわりじわりとあぶり出す。例えば「人狼」であるルーピン先生への登場人物たちの偏見や嫌悪はまるで「病」へのそれであるし、森の番人ハグリッドが「半巨人」であると知ったときの人々の反応は現実における人種差別と変わらない。「第一次魔法戦争」「第二次魔法戦争」というネーミングはもはや説明不要だ。闇の帝王が復活したにもかかわらず自分の地位を守るためにその事実を認めず、虚偽の報道ばかり行った魔法省大臣やメディアのあり方は太平洋戦争中の大本営発表そのものであり、また、純粋な魔法使いの一族に生まれたのか人間(マグル)との間に生まれたのかどうかを「純血」「混血」と区別し、マグル生まれがいるだけでその血統は「汚染」されていると考える純血主義は、「アーリア人」「ユダヤ人」を明確に区別したナチズムのアーリア人至上主義と全く同じものである。そしてここで描かれているよりもひどい大量虐殺が現実に行われていたのだということを思い出す時、わたしたちはもはやローリングのパロディに笑えなくなってくる。

なんて、そんなことを書くとなんだかより一層重苦しいものとして敬遠されてしまうかもしれないが、ローリングは何よりも「愛」を描く作家だ。話が進み、戦いが熾烈になっていくなかでも登場人物たちの恋愛模様が常に描かれ、最終巻にいたっては、危険な情勢にもかかわらず、結婚式という晴れやかなイベントが行なわれているのは面白い。それほどまでに「愛」というものの存在が重要視される中で、(一見そんな風にはまったく見えないのだが)もっとも愛に生きた人として描かれているのは、ねっとりとした存在感をはなっていたスネイプ先生だ。ハリーを忌み嫌うスネイプの心の奥底に隠されていたハリーの母リリーへの一途な愛を知って思わず涙してしまった読者は少なくないのではないだろうか。幼い時からリリーに思いをはせながらも報われることのなかった彼の生き様を最後に知ったとき、ハリー・ポッターという日向を生きる少年の成長物語であったこの小説は反転し、セブルス・スネイプという日陰を生きた少年の悲恋を描いた物語が新たに浮かび上がってくるのである。

また当然のことながら愛は憎しみとも表裏一体である。スネイプはリリーを愛すると同時に、リリーを奪ったジェームズを恨み、ジェームズに外見のそっくりなハリーを憎む。憎しみは憎しみを生み、ジェームズやハリーを愛するシリウスはスネイプを憎む。ハリーを愛するがゆえにできるだけ一緒に過ごしたいと願うシリウスは、まだ若い子供達を守りたいと願い無謀な行動を慎むべきと考えるロンの母親モリーと対立する。そのように味方同士の中においてすら、人々のさまざまな愛のあり方が対立を生み出し、衝突を引き起こしていく複雑な物語のなかで、ただ一人ヴォルデモートだけが愛というものを全く有さない。彼が人間ではなく骨董品という物に執着するのはそのためだ。彼にはそうした愛をめぐって生じる「誤差」がないためシステマティックに計画を進めて圧倒的な力を有することができたわけだが、誤差を軽視したヴォルデモートは誤差によって仕返しを受ける。身を挺してハリーを守った母リリー、息子を助けたいがゆえにハリーを見逃したナルシッサ・マルフォイ、屋敷しもべ妖精に愛情を抱いていたためにヴォルデモードを裏切ったレギュラス・ブラック、息子を殺された怒りから仇を打ったモリー、そうした誤差の積み重なりによって闇の帝王は滅ぼされてゆく。いうなれば、この作品は「愛」と「愛の欠如」の戦いを描いた物語なのだ。

そして親の世代が残した憎しみという遺産をハリーは自分の中で浄化させていく。三十代になったハリーが、自らの子供に「セブルス」というスネイプのファーストネームをつけていることが発覚する最終章は感動的だ。こうしてジェームズやシリウスとスネイプ、グリフィンドールとスリザリンという相対立していた要素は、長い年月を経てたくさんの犠牲を払ったのちに、かろうじて和解を遂げることになる。憎むべき対象を自らの影として切り離すのではなく、自らの中にとりこむことによって、ハリーは全体性を獲得し、次の世代にその希望を託すのだ。

 

と、ここまでとにかくベタ褒めしてきたが、わたしが首を傾げた点が一つ。

7巻の最後、リンボのようなところでハリーが死んだダンブルドアと話す場面がある。このときヴォルデモートの傷ついた無力な醜い魂がそばに転がっているのだが、ダンブルドアもハリーもこの哀れな魂を助けることはない。ダンブルドアは言う。「きみには、どうしてやることもできん」。親に捨てられ誰にも愛されることなくそして誰のことも愛する事ができずに悪の権化と化したヴォルデモートには本当に救いの道はなかったのだろうか? おそらく宮崎駿の描くキャラクターなら、この醜い生き物に「あんた、しっかりしなさいよ!」とかいって、励まして連れて帰って一緒に暮らし始めてしまうことだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です