深沢レナHP

もらとりあむ詩人。詩やエッセイや批評を公開しています。

news!

・第一詩集『痛くないかもしれません。』(七月堂)刊行。

・『プラトンとプランクトン5号(最終号)特集:親密さのかたち』発行。

・高原英理編著『ガール・イン・ザ・ダーク 少女のためのゴシック文学館』に詩「枯れ野原」収録。

ふつーに映画評『マンチェスター・バイ・ザ・シー』かきました。

about

深沢レナ(ふかざわれな)

SONY DSC

1990年生まれ。法学部卒業後、専業主婦生活を経て、大学院に入る。現在は森に暮らし中。
第一詩集『痛くないかもしれません。』(七月堂)。
文芸同人「プラトンとプランクトン」主催。
『ヒドゥン・オーサーズ』(惑星と口笛ブックス)、『ガール・イン・ザ・ダーク』(講談社)といったアンソロジーにも参加。
趣味は落書き。

+連絡先 platon.and.plankton@gmail.com

text

詩と批評のあいだⅩ からっぽの棺桶を埋めること——ジョナサン・サフラン・フォア『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』(近藤隆文訳)

Ⅹ からっぽの棺桶を埋めること——ジョナサン・サフラン・フォア『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』(近 …

詩と批評のあいだⅣ これからの恐怖にむけて——ブライアン・エヴンソン『遁走状態』『ウインドアイ』(柴田元幸訳)

Ⅳ これからの恐怖にむけて——ブライアン・エヴンソン『遁走状態』『ウインドアイ』(柴田元幸訳)        …