Rena Fukazawa

詩とかエッセイとか落書きとか。

poems, essays and scribbles etc.

about

深沢レナ Rena Fukazawa

SONY DSC

1990年生まれ。法学部卒業後、専業主婦生活を経て、大学院に入る。現在は森に暮らし中。ヴィーガン。趣味は落書き。

第一詩集『痛くないかもしれません。』(七月堂)、第二作品集『失われたものたちの国で』(書肆侃侃房)。
文芸同人「プラトンとプランクトン」主催。
『ヒドゥン・オーサーズ』(惑星と口笛ブックス)、『ガール・イン・ザ・ダーク』(講談社)といったアンソロジーにも参加。

+連絡先 platon.and.plankton@gmail.com

new

忘れられた「卵」への眼差し——Veganism:ヴィーガニズムについて

  「Veganism:ヴィーガニズム」とは、動物への暴力に加担することを避け、動物を搾取することなく生きようとする考え方をいう。日本では「完全菜食主義」と訳されているが、正確には、動物の肉・乳・卵ほか、搾取と …

ささやかに日常を彩る——イスマル・ラーグ監督『クロワッサンで朝食を』(2012年) (原題『Une Estonienne à Paris(パリのエストニア人女性)』)

 自分にとって大切な、かけがえのない人であるはずなのに、その人の寝顔を眺めながら、「どうかこのまま死んで欲しい」と願ってしまう。介護というものが人々にとって等しく辛いものであるのは、物理的や肉体的な負担と同じくらい、自分 …